カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

金庫の値段の差は何で決まる?

1.耐火時間−30分耐火・1時間耐火・2時間耐火・3時間耐火

耐火時間が長ければ長い程、価格は上がります。目安としては一般家庭は30分〜1時間。事務所・店舗などは2時間〜3時間。

2.施錠方法−シリンダー・ダイヤル・マグロック(磁気のカギ)・テンキー(プッシュ)・指紋照合など

現在の金庫はダブルロックが主流になっており、これらの施錠方法を2つ組み合わせたものがほとんどです、例えばシリンダー+ダイヤルやテンキー+指紋照合などです。価格順の目安は、上記通りですが組み合わせや仕様によっては若干変わります。

3.防盗性能−TS−15(耐バール)・TL−15、TL−30(耐工具)TRTL−30(耐溶断・耐工具)など

通常の耐火金庫に付加された防盗性能によって盗難から守ります、価格は上記の順番で上がります。

ページトップへ